トップ > よくある質問

よくある質問

 

質問内容

Q1:どんな人がハマハグのサービスを利用できますか。

Q2:横浜市民でなくてもハマハグのサービスを利用できますか。

Q3:どうすればハマハグのサービスを利用できますか。

Q4:どんなお店・施設で、どんなサービスが利用できますか。

Q5:授乳室やおむつ交換台のように誰でも自由に利用できるサービスでも、登録証を見せないと利用できませんか。

Q6:サービスを利用しようとしたら、登録証以外の方法でも利用資格の確認が必要だと言われました。そのような確認に応じる必要はありますか。

Q7:登録証に有効期限はありますか。

Q8:登録証を失くしてしまいました。登録証の再発行はできますか。

Q9:自分のお店・施設でも協賛したいのですが、どのように申し込めばよいですか。

Q10:横浜市内に店舗・事業所があれば、どんなお店・施設でも協賛登録できますか。

Q11:協賛をすると、どのようなメリットがありますか。

Q12:情報掲載に広告料はかかりますか。

Q13:サービスを提供する経費は、横浜市が負担してくれますか。

Q14:ハマハグのために新たなサービスを用意しないと、協賛登録できませんか。

Q15:子育て応援のサービスを提供するにあたって、年齢を制限してもよいですか。

Q16:授乳室やおむつ交換台のように誰でも自由に利用できるサービスでも、登録証を確認する必要がありますか。

Q17:サービスの性質上、登録証以外の方法でも利用資格を確認する必要があるのですが、そのような確認を行ってもよいですか。

Q18:協賛登録の有効期限はいつまでですか。

Q19:協賛登録の内容を変更することはできますか。

Q20:協賛を廃止したいのですが、どのような手続きを取ればよいですか。

Q21:ハマハグという愛称には、どのような意味が込められていますか。

Q22:なぜアンパンマンがイメージキャラクターになっているのですか。

Q23:横浜開港150周年記念事業に位置づけていますが、開港150周年とどのような関係がありますか。

【子育て中の方、妊娠中の方からの質問】

Q1:どんな人がハマハグのサービスを利用できますか。

A1:子育て中の方(小学生以下の子どものいる家庭の方)、妊娠中の方であれば、ご利用いただけます。ただし、すべてのサービスを受けるには利用登録が必要になりますので、お手数ですが、下のリンクから利用登録をお願いいたします。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

Q2:横浜市民でなくてもハマハグのサービスを利用できますか。

A2:横浜市内に在住・在勤・在学の方でなくても、子育て中の方(小学生以下の子どものいる家庭の方)、妊娠中の方であれば、ご利用いただけます。お子さまと一緒に、どうぞ横浜にお越しください。 すべてのサービスを受けるには、利用登録が必要になりますので、お手数ですが、下のリンクから利用登録をお願いいたします。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

Q3:どうすればハマハグのサービスを利用できますか。

A3:まずは利用登録をしていただき、登録証を入手していただきます。ハマハグに協賛していることを示すステッカーのあるお店・施設で登録証を見せると、子育てを応援するサービスを利用することができます。
※サービス内容によっては、登録証の提示を省略する場合や、登録証以外に別の方法であわせて確認をさせていただく場合もあります。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

Q4:どんなお店・施設で、どんなサービスが利用できますか。

A4:ハマハグの協賛店・施設とサービス内容は、下のリンクから検索できます。
スポットを探す

携帯電話を使えば外出先でも検索ができます。GPS機能付きの携帯電話なら、現在地の近くのお店・施設を地図から検索することもできます。携帯サイトは、携帯電話で、下のQRコードを読み取るか、アドレスを入力してご利用ください。

※携帯サイトのご利用には、携帯電話のパケット通信料がかかりますのでご注意ください。

Q5:授乳室やおむつ交換台のように誰でも自由に利用できるサービスでも、登録証を見せないと利用できませんか。

A5:授乳室やおむつ交換台などの設備の利用については、原則として、登録証の提示は不要です。その他、サービス内容によっては、協賛店・施設の判断で、登録証の確認を省略する場合があります。

Q6:サービスを利用しようとしたら、登録証以外の方法でも利用資格の確認が必要だと言われました。そのような確認に応じる必要はありますか。

A6:お手数ですが、サービス内容によっては、協賛店・施設の判断で、登録証以外に別の方法でも利用資格の確認をさせていただく場合があります。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

Q7:登録証に有効期限はありますか。

A7:ハマハグは、小学生以下の子どものいる家庭の方または妊娠中の方がご利用いただけますので、これに該当している間は登録証を続けてご利用いただけます。 登録証に表示されている有効期限は、利用登録の際に記入していただいた、お子さまの生年月日もしくは出産予定日をもとに計算しています。妊娠中の方は、お手数ですが、お子さまが生まれましたら実際の生年月日で、改めて利用登録をお願いいたします。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

Q8:登録証を失くしてしまいました。登録証の再発行はできますか。

A8:登録証を失くしてしまった、汚れてしまった、破れてしまったという場合には、再発行ができます。お手数ですが、改めて利用登録の手続きをお願いいたします。
利用登録(子育て中の方、妊娠中の方へ)

 

【お店・施設の方からの質問】

Q9:自分のお店・施設でも協賛したいのですが、どのように申し込めばよいですか。

A9:下のリンクから協賛申込書を入手していただき、必要事項を記入の上、横浜市こども青少年局あてに、Eメールかファックスで送信、または郵送してください。後日、横浜市からご連絡いたします。
協賛登録(お店・施設の方へ)

Q10:横浜市内に店舗・事業所があれば、どんなお店・施設でも協賛登録できますか。

A10:原則として、「横浜市内に店舗・事業所を有する事業者」に協賛登録していただけますが、協賛事業者及び子育て家庭向けサービスの内容において、法令等に違反するもの(またはそのおそれがあるもの)、公序良俗に反するもの(またはそのおそれがあるもの)、政治性のあるもの、宗教性のあるものなどについては、本事業の趣旨に照らして協賛をお断りする場合があります。
協賛登録(お店・施設の方へ)

Q11:協賛をすると、どのようなメリットがありますか。

A11:横浜市から、ハマハグ協賛店・施設であることを示す店頭掲示用ステッカーと協賛認定証をお渡しするほか、横浜市の携帯サイト・ホームページに子育て家庭向けのサービス内容とお店・施設の情報を掲載します。

Q12:情報掲載に広告料はかかりますか。

A12:お店・施設の情報掲載にあたって、横浜市が広告料などの費用をいただくことは一切ありません。

※不審な振込用紙や請求書が届いたなど、何かご不明な点、ご心配な点がございましたら、横浜市こども青少年局子育て支援課までお問い合わせください。

Q13:サービスを提供する経費は、横浜市が負担してくれますか。

A13:横浜市では、子育て家庭向けサービスを提供する際に必要な経費の補填は行いません。ハマハグは、「まち全体で子育てを見守る」雰囲気づくりを目的にしており、協賛店・施設の皆様にできることを持ち寄っていただく「共創」の視点で行っておりますので、皆様のアイディアで子育てを応援するサービスをご提案、ご提供いただければ幸いです。

Q14:ハマハグのために新たなサービスを用意しないと、協賛登録できませんか。

A14:すでに実施されている既存のサービスを登録していただくことも大歓迎です。横浜市では、ハマハグを、子育てを応援する新たなきっかけづくりにするだけでなく、地域ですでに当たり前のように行われている子育て応援の取組みを広く知っていただく機会にもしていきたいと考えています。

Q15:子育て応援のサービスを提供するにあたって、年齢を制限してもよいですか。

A15:例えば、小学生の年齢のお子さんのいる親子を対象に体験教室を行う場合のように、ハマハグの利用対象者よりも対象者を限定したい場合もあると思います。その場合は、子育てを応援するハマハグの趣旨に反しない範囲であれば対象を限定することができますが、その内容については、お手数ですが、横浜市と協議していただくようお願いいたします。

Q16:授乳室やおむつ交換台のように誰でも自由に利用できるサービスでも、登録証を確認する必要がありますか。

A16:授乳室やおむつ交換台などの設備の利用については、原則として、登録証の確認は不要です。その他、サービス内容によって、協賛店・施設の判断で、登録証の確認を省略することができます。

Q17:サービスの性質上、登録証以外の方法でも利用資格を確認する必要があるのですが、そのような確認を行ってもよいですか。

A17:サービス内容によっては、必要に応じて、協賛店・施設の判断で、登録証以外に別の方法でもあわせて利用資格の確認をすることができます。

Q18:協賛登録の有効期限はいつまでですか。

A18:協賛登録の有効期限は、協賛登録を行っていただいた後の最初の3月31日までとしています。ただし、平成21年3月31日までに協賛登録を行っていただいた協賛事業者の皆様につきましては、協賛登録の有効期限を平成22年3月31日までとしています。 また、有効期限が終了する1か月前までに、協賛事業者または横浜市のいずれからも特に申し出がない場合には、有効期限をさらに1年間延長し、以後も同様とさせていただきます。

Q19:協賛登録の内容を変更することはできますか。

A19:協賛登録内容変更申込書(様式第2号)により、横浜市に変更の申込みをお願いいたします。横浜市では、1か月に1回程度の頻度での情報更新を予定していますが、速やかに変更を行う必要がある場合にはご相談ください。

Q20:協賛を廃止したいのですが、どのような手続きを取ればよいですか。

A20:協賛廃止届(様式第3号)により、横浜市に届出をお願いいたします。

 

【事業全般に関する質問】

Q21:ハマハグという愛称には、どのような意味が込められていますか。

A21:愛称については、下のリンクのページで紹介していますので、ぜひご覧ください。
愛称・キャラクターの紹介

Q22:なぜアンパンマンがイメージキャラクターになっているのですか。

A22:キャラクターについては、下のリンクのページで紹介していますので、ぜひご覧ください。
愛称・キャラクターの紹介

Q23:横浜開港150周年記念事業に位置づけていますが、開港150周年とどのような関係がありますか。

A23:「新しいもの好き」、「開放的」、こうしたハマッ子の気質は、1859年に開港した横浜で、日本全国から集まった人々が異国の文化に触れる中で育ったと言われています。 横浜市では、横浜市内のそれぞれのお店や施設が自らのアイディアで子育てを応援するサービスを提案し提供する仕組みをつくること、そして、そのサービスを横浜に暮らす方だけでなく横浜を訪れた方にも利用していただくことを通じて、2009年の開港150周年を節目に、開放的なハマッ子気質を新しい形で育て、「子育てにやさしいまちヨコハマ」という横浜の新たな魅力や、「まち全体で子育てを見守る」新たな文化を創り上げていきたいと考えています。